高槻市 M邸

DSC03311.JPG

大阪府高槻の高台に建つ御宅で御夫人が茶道を嗜まれます。御宅の新築にあたって、お茶室を併設され、それに伴いお茶庭をつくるご要望がありました。四方仏の水鉢で蹲居を組み、六角の生け込み燈籠を添えました。奥をヒノキで目隠しをして、シロモジ・モミジ・アオハダ・アズキナシなどの落葉の雑木類を主体に植栽しました。大枝のない風情のあるアカマツを植え山の景色を醸し出しました。また茶庭に入るアプローチは四方竹の植え込みを設け、町家の路地風の佇まいの延段を作りました。 リビング周りは石畳をして屋外家具を置けるようにし庭においても様々な楽しみ方を持てるようにしました。また一角には枕木で囲った茶花畑を設けました。 玄関前はトネリコ・ナツツバキを植栽しクマザサで締めて外庭としました。