御宅の新築に伴うお庭の設計、既存のお庭のリフォーム、各種外構工事などなど、
ご要望にお応えしプランをご提示します。周辺の環境、お客様の好みそれぞれあります。
それらを総合し一番ふさわしいお庭をご提案します。同時に図面とスケッチのご提示、
金額のお見積もりもいたします。

現地調査・図面作成・お見積もり

造園する現場をよく観察して
多くの条件・情報を収集いた
します。
造園に着手するまえに事前に
収集した情報をもとに庭園の
図面をご提示いたします。
同時にお見積もりも提出いた
します。

P1000764_edited.jpg
sign_edited.jpg

庭園設計

庭園施工

 

丁寧・迅速な施工を心がけております。樹木はもちろん石にも「向き・勢い」があります。
それらを的確に見極めイメージ通りの作品を作り出して行きます。

施工手順

庭の骨組みとなる玄関アプローチ・
軒下の仕上げを行います

ガレージ・洗い出しの施工を行います

植栽部分と砂利敷の間の
間仕切りを行います 

道路境界の野面石積みの工事の様子

スロープ手すりと目隠木柵の工事

客土をして植木を植栽します

砂利敷きなど仕上げを行い完成です

P1010148_edited.jpg
P1010152_edited_edited.jpg
P1010164_edited.png
P1010167_edited.jpg
P1010218_edited.jpg
P1010216_edited.jpg
P1010212.jpg
P1010213_edited.png
P1010174_edited.jpg
P1010180_edited.png
P1010184_edited.jpg
P1010185_edited.jpg
P1010209_edited.jpg
P1010223_edited.png

庭園管理

 

お庭のお手入れは季節によって、樹種によってそれぞれ異なりますので、それらに適した時期と処置を施す必要があります。その全てを網羅するのは無理がありますので、その中の一部を紹介いたします。

 

お庭のお手入れ

​こちらは年に一度の現場です。
雑木類をはじめとした高木はもとより生垣類も透かしの技法を用い剪定を行います。
​光や風が適切に通る様にイメージしながら作業を進めます。
樹種によって剪定方法を変え、より自然な姿にしていきます。

BEFORE

__P9190913_edited.jpg

AFTER

__P9190929_edited_edited.png

AFTER

BEFORE

_P9190908_edited.jpg
_P9190919_edited_edited.png

松と槇のお手入れ

古くから用いられる代表的な庭園樹種は松や槇でしょう。
これらは地域や職人によって剪定方法が大きく異なります。
当社は他樹種と同様に透かしの技法を用い、松は松らしく、
槇は槇らしく、より自然な剪定を行います。

BEFORE

_F1000002.JPG

AFTER

_P1020343.JPG

AFTER

BEFORE

__P1020347_edited_edited.jpg
__P1020352_edited.jpg

1〜3月

樹木の根が動き出す前の間に肥料を施すと樹勢を強くし葉の色を良くします。
また石灰硫黄合剤やマシン油などを散布
すると殺菌および害虫発生の予防の効果があります。特にカイガラムシの発生を防ぐにはこの時期が最適です。

4〜6月

松のある庭では松の新芽の緑摘みを行います。緑摘みによって松の形を整え、保ちます。
この時期になると害虫が多く発生する場合が
あるので適宜消毒を行うと良いでしょう。

7〜9月

夏期剪定の時期で梅雨を過ぎて樹木は
急速に枝葉を伸ばし庭を暗くし見た目にも
鬱陶しさを感じさせるようになります。
本格的な手入れにはまだ先ですが、
徒長した枝や混みいった部分を
透かしの技法で剪定すると見た目にも
涼しさを感じさせてくれます。
雑草も多く生えるので除草も行います。

10〜12月

秋期剪定の時期で本格的な剪定を行います。
庭を長期間良い状態で保つためにはこの時期の管理が大切です。除草とともに庭を綺麗に
掃きあげることで、清々しい気持ちで正月を
迎えることができます。